毎日の生活に取り入れたいもの

毎日忙しくしている現代人の毎日に生活に取り入れたい習慣は絶対に何か健康のために良い事が良いでしょう。健康のために良い事…、具体的にはサプリメントを飲むといったことも挙げられますが、まずが基本的な生活習慣の見直しが必要です。最初に取り組みたいことは食生活です。現代人の食生活はそれを気にする方はしっかりと健康的な食事をしていますが、食事に気を付けていない方の食事は本当にひどいものです。食塩が多い食事を平気で取ったり野菜や果物を食べなかったり…。そうなると高血圧や高脂血症といった疾患の原因となってしまいます。ここから生活習慣病が始まっていくのです。正に食生活の悪循環に現代人は見舞われています。

 

食塩の多い食生活は寿命を縮めると言われます。血圧に深く関係のある食塩。これを少し料理に入れるだけで本当においしいものです。日本人は食塩を毎日の食事で取り過ぎていると言われます。洋食に比べてスパイスをそこまで使わない和食は世界遺産に指定されたとはいえ、しっかりとダシを取って調理する場合は比較的食塩は少なくて済むようですが、そうでない場合は味をしっかりと付けるために食塩が多く使われます。これはあまり良くない傾向です。

ミネラルとビタミンをバランスよく取れる食事こそが毎日の健康、強いてはより良い人生を送る源となっているのです。それにはサプリメントを利用するのも良いでしょう。近頃健康志向の強い方に注目されているサプリはスルフォラファンサプリです。以前と比べて購入も簡単になりました。ちょっと最近食事のバランスが悪いな、という方は是非お試しください。

 

 

欧米人の方はどれだけ忙しくともしっかりと睡眠をとる事と運動をすることをとても大切にしています。

これは日本と欧米に働き方の違いに影響があるのですが、定刻に仕事が終わらない日本人は沢山働くという会社にとってのメリットはありますが、社員にとってはデメリットともなる残業によって健康的な生活に大きな害がもたらされています。本当に良い人生を送りたいとお思いなら今一度自分の毎日の生活を見直してみて下さい!

予防できる病は早めにケア

病気を予防することはつくづく大切な事だと日々感じている方も多いでしょう。

予防できる病気があるのなら日々しっかりと予防に努めるべきです。それは何も特別な事ではありません。ちゃんとバランスの取れた食事を一日3食取る事や睡眠不足にならないようにすることなど、簡単に今すぐ始められることばかりです。悲しい事に何もしなくても年を取れば人間は病気がちになっていくものなのです。それを遅らせる意味でも日々の病気の予防がとても大切になってきます。

 

予防できる病気は生活習慣病を含んだ多岐にわたります。

生活習慣病とはその文字の通り生活習慣に大きな影響を受ける病気の事です。食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などその人の生活の習慣が病気の発生や進行状況に大きな影響をもたらせます。具体的な病気に高血圧、糖尿病。脂質異常などがあります。以前は成人病と呼ばれていた主に中年期以降の方に現れるありふれた疾患群です。これらの疾患は実は遺伝子的な影響を受けると考えられています。つまり家系に影響を受けるという事です。糖尿病の親から生まれる子供はそうでない子供に比べて糖尿病になりやすいと言われます。また高血圧系の家系に生まれた子供は将来、高血圧になりやすいとされます。ですから自分の家系がどういった疾患に陥りやすいかを知っておくことは、その人の将来かかる病気の危険性や可能性を予防する働きをします。(といってもその症状予防するためにしっかりと働きかけなければその効果は表れにくいものですが!)

しかし、今日の研究である程度まではその遺伝子的な影響をその人の努力によって未然に防ぐことが出来る、とされています。糖尿病家系に生まれた人すべてが糖尿病になるわけでなく、例えその人自身が糖尿病になりやすい体質だったとしても、努力次第で病気を未然に防ぐことが出来ると科学的に証明されました。だからこそ、自分の家系がどのような傾向の家系かしっかりと分かっておく必要があります。

 

早期発見のためにも健康診断は大事

会社勤めの方は会社が費用を負担して健康診断を受けることが法律で義務とされています。たとえあなたが会社勤めをしていないとしても、健康診断は各市区町村で安い価格で受けることが可能です。大抵は「青年期健康診断」といった感じの名前で一週間に一度くらいの割合で、市区町村で健康診断が行われています。これは誰でも受ける事が可能です。500円程で血液検査や尿検査、問診など様々な検診が受けられます。興味のある方はお近くの市役所や健康センターに問い合わせてください。

 

いま日本は国を挙げて健康診断を受けるように推奨しています。病気を早期に発見して、もし何か見つかった場合は早期に治療を開始する。「病気は早期発見、早期治療」が健康を保つうえでの基本です。

 

なぜ国を挙げて健康診断を受けることを推奨しているのか!?それは日本が今までにないほどの高齢化へと進んでいるからです。高齢化となると、医療費がとてもかさみます。幼い子供よりも、年齢を重ねた方達の方が病院に行く回数が多い、というのは自然な考え方ではないでしょうか!?けがや病気が増えてくる、お年寄りと言われる人たちの医療費を支えるのは本当に大変なことなのです。今日本の医療費は年々上昇の傾向にあります。医療費を減らすためにはどうすればいいのか!?その解決方法こそが早期発見早期治療なのです。早めに病気を見つけるのと、もっと病気が進行してから病気が見つかるのと。。。どちらにより多くの治療費がかかるのか、と言うと、それは病気が進んでからの方が治療をするのにお金がかかります。ですから早めに病気を発見して早めに治療をすましておく方が本人にも、医療費を支える国にとっても良いという事です。

 

健康診断は前述したように比較的安い値段で受けることが可能ですから、ちょっと気になる方がいらっしゃったら是非、健康診断を受けるために健康センターに行ってもらいたいです。何も気になる箇所が無いとしても、一年に一回は健康診断を受ける事をお勧めします。

楽しく健康に過ごすために

健康的な毎日を送る、そんな当たり前の事が崩れる…。

そう、病気になった時に、今まで過ごせていた「当たり前」が壊れてしまたっときに健康のありがたみが良く分かりますよね。裏返せば、病気になって始めて健康という事のありがたみがわかるというか…。でも病気になってしまうというのは誰にでもあり得ること。それほど珍しいことでもないのです。だからこそ、普段の生活から気を付けたいですよね。

 

ここでは肥満について考えてみましょう。

肥満って簡単に言いますが、ではどのような状態になれば肥満といえるのでしょうか。見た目?体形??確かに太り気味の人は簡単に肥満、といえるかもしれません。でも「隠れ肥満」という言葉もあるくらいです。肥満の基準って何でしょうか?

 

その一つに「BMI-ボディ・マス・インデックス」というものがあります。BMIの数値を基準にして肥満かどうか調べる方法があります。BMI値の出し方は 身長(m)の2乗×22 です。これは学術的にも認められていて、例えば妊婦健診の際にこの数値を元に、妊婦さんが最終的に目標とする増加体重を決めたりします。BMIの数値が18.5未満だと痩せ気味、18.5~22未満だと標準、22以上だと太り気味という基準になります。これを参考にして、実は自分では痩せ気味だと思っていたけれどそうではなかった!なんてこともあるのではないでしょうか。

 

さてBMI数値で肥満と出た方。ちょっとダイエットを計画してみてはいかがでしょうか。ダイエットといっても何も難しく考える必要はありません。ここでは簡単にダイエットをするために ダイエットサプリ をご紹介します。ダイエットサプリは食べたものを消化する際にカロリーが体に入りにくくする成分が含まれていたり、満腹感を促進するものや、ダイエットをする際に不足しがちなビタミンやミネラルを補ったりするものなど様々です。自分に必要と思われるものを上手に取り入れるのが良いでしょう。

 

肥満が元の原因となって引き起こす病気は意外にも多いものです。そうならないように、太らないように、日常生活の中から気を付けましょう。

メタボリックシンドロームとは?

日本の医療費は年々高額に、また国全体としても医療費として使う費用が上がっているそうです。少子高齢化の時代の今、これを止めるためには国民ここの意識改善が必要になっています。国が行っている対策の一つとして、会社務めの方達には会社宛にどのようにすれば健康的な毎日が送れるか、などを記した資料を配布しています。これを参考に健康的な生活を見直そう、という人も多々。医療費を抑えるために一つの対策として、太り過ぎをなくそうとしていることが入っている事をご存知でしょうか。

 

と言いますのも、太り過ぎの人がなりやすいメタボリックシンドロームを減らすと医療費が抑えられる、という調査報告があるのだそうです。なんでも太りやすい人は、その弊害としてほかの病気にかかりやすいのだそうです。だから太り過ぎを減らして、健康的な生活を促進することで医療費を抑えよう、という事です。

 

でははまず、メタボリックシンドロームとは何でしょうか。その定義ですが、息を吐いて立った状態でおへそほどの高さ腹囲であるウエスト回りを測りその値が男性で85㎝以上、女性の場合は90㎝以上で、その内部に内臓肥満があるとます。そしてそのうえで、「脂質異常症」、「高血圧」、「高血圧」の3つの要素のうち2つ以上の疑いがあるとメタボリックシンドロームと診断されます。

 

メタボリックシンドロームの恐ろしいところは、動脈硬化や脳卒中になる可能性が上がるという事です。一昔前の日本ではこのような症状は今ほど多くありませんでした。それが、食生活が西洋化したこと、運動を昔ほど頻繁にしなくなったことなどが原因となって、メタボリックシンドロームと診断される方が年々増えているのだそうです。そもそも細い体形の人が多かった日本人の体形が近年これほどまでに大きく変わったのは西洋の文化が入ってきた事が大きく影響しているわけですね。

 

メタボリックシンドロームを防ぐためには運動と食生活の改善が必要です。何も難しい事ではありません。今すぐにでも始められることです。「少しおなか回りが気になってきたな…」と最近思われる方は、今すぐメタボ対策が必要かもしれませんよ!?

 

健康診断の重要性

健康診断の重要性は誰にでもわかっているはずですよね。日本では一年に一回は必ず健康診断を受けましょう、と推進されています。会社務めされている方なら必ず一年に一回は会社から健康診断に行くように言われているはずです。学生さんもそう、年に一度くらいは健康診断に行きましょう、と学校から言われているはずです。健康診断を一年に一回受けることで、例え体に病気の原因が隠れていたとしても深刻な状態になる前に食い止めることが可能です。健康診断を受けるという事は健康を長く保つうえでとても有効ですし、トータル的にみて医療費を抑えることにもつながります。

 

健康診断を受けることを一年に一回としていない人達、それはずばり専業主婦の方達ではないのでしょか。子供や家族の健康に人一倍気を使っているお母さんが、自身の健康には気を使っていない、という事はしばしばあるもので、主婦の方達は実際に忙しい毎日の中、健康診断に行く時間もないような生活を送っていらっしゃる方も実は多いのです。しかも健康診断を受けるのにも費用が掛かりますものね。そういう方達にお勧めの健康診断。区役所や市役所でとても安い値段で健康診断を受けることが可能です。実際に受けられた方の話を聞くと、500円程で血液検査、採尿検査、問診、肺のレントゲンなど、一般的な健康診断を受けることが可能だそうです。時間も朝早い時間に行くとそれほど待たなくても良いそうで、これなら簡単に予約をして検診に行くことが出来そうですね。

 

一年に一度の検診を受けていても、大きな病気が見つかることがあります。ついこの間、有名なタレントさんががんで亡くなられましたが、彼女も一年に一度はちゃんと検診を受けていたそうです。それなのに悲しいニュースが舞い込みましたよね。残念ながら一年に一度の検診では間に合わないという悲しい事態も考え得ることです。でもそれでもせめて最低一年に一度は検診を受けて、自分の体に健康に気を使いましょう!